サングラスをかけるとどのような効果がある?


紫外線から目を守ってくれる

紫外線は日焼け、シミ、しわなど、主に肌へのダメージが大きくなります。しかし、紫外線は目にも影響を及ぼすため注意が必要です。例えば、角膜が炎症を起こして充血したり痛みを感じます。また、紫外線を浴び続けるとダメージがどんどん蓄積されていくため、白内障や雪眼炎などの大きな病気のリスクが高まります。肌であれば日焼け止めを塗ることである程度防御できますが、目に塗ることはできません。そこで活用されるのがサングラスです。サングラスをかければ紫外線から目を守るだけではなく、太陽光の眩しさも軽減できるため視界がはっきりと見えます。また、紫外線は晴天時だけではなく、曇りや雨の時も降り注いでいます。天候に関係なく外出時にサングラスをかける習慣をつけておけば、紫外線をしっかりとカットできるのです。

紫外線以外のダメージも防ぐことができる

目にダメージを与えるのは、紫外線だけではありません。例えば風です。風に当たり続けると眼球が乾いてしまい、眼精疲労の原因にもなるドライアイを引き起こします。また、花粉が飛ぶ時期は目のかゆみや痛みが出やすく、日常生活に支障をきたすため注意が必要です。目へのダメージは外だけではなく、屋内でも起こり得ます。それは、埃や塵です。いずれも目に見えない大きさであるため、知らないうちにダメージを受けて炎症を起こしたというケースが多くあります。これらのダメージも全てサングラスで防御することができます。ただ、屋内でサングラスをかけるのに抵抗があるという人も少なくありません。レンズのカラーは自由に選べるので、どこで使用しても違和感のないサングラスを作ることが可能です。自分に合ったサングラスを作り、紫外線から目を守りましょう。

紫外線をはじめとした有害な光線から目を守ることを目的に使われる保護眼鏡のことをサングラスと呼びます